増尾リサイクル株式会社:産業廃棄物の中間処理、収集運搬
増尾グループ 増尾リサイクル株式会社
求人情報お問い合わせ
会社案内・グループ企業
会社案内・グループ企業
経営理念・環境方針
中間処理施設
産業廃棄物収集運搬
受入品目・販売製品
会社案内・グループ企業 グループ企業案内



 会社情報
 商   号 増尾リサイクル株式会社
 代 表 者 代表取締役 増尾 光彦
 本社所在地 東京都荒川区西日暮里2丁目
18番1号
増尾ビル8階
 電   話 03(3805)2106
 F A X 03(3805)2129
 会社設立日 昭和55年4月25日
 資 本 金 3,000万円
 年   商 73,000万円
 事業所概要
 名   称 増尾リサイクル株式会社朝霞工場
 所 在 地 埼玉県朝霞市上内間木548−1
 電   話 048(456)1621
 F A X 048(456)1365
 従 業 員 20名
 床 面 積 132m2
 敷地総面積 10,000m2
 工 場 長 白浜 勝美  
 リサイクル事業部 事業内容
産業廃棄物処理業として、がれき類、ガラス陶磁器くず、鋳物廃砂等の
収集運搬、再資源化及び販売
 処理施設内容
処理プラント:100t/h級破砕機2基搭載ダブルスクリーンプラント一式
        100t/h級破砕機1基搭載シングルスクリーンプラント一式
保有車両重機:大型ダンプ       4台
        大型ショベルローダー  2台
        バックホウ       6台
 石灰砕石事業部 金崎工場
<営業品目>
砂利、砂、生コン用20-05・アスコン用砕石生産販売、一般土木・建設工事請負

工場所在地 : 栃木県上都賀郡西方町金崎842番地  MAP
連絡先 : TEL・FAX 0282(92)0535
建設業許可(とび・土木工事業) : 般-7 第58011号
砂利採取業社登録 : 栃木 第131号
採石採取業社登録 : 栃木 第474号





 昭和55年 当時、グループ企業の増尾石材工業(株)が建設を予定していた市川リサイクル工場(千葉県市川市・がれき類リサイクル)の計画立案リサーチ部門として会社発足、業務を進める。
 昭和57年 コンクリート及びアスファルト廃材を主原料とする産業廃棄物のリサイクル骨材の製品化に着手し、その研究を開始する。100回を超える試験舗装実験の結果、合格して独自の製造ノウハウを確立、リサイクル製品の工業規格に適合する製品製造技術を完成させる。
 昭和62年 増尾石材工業(株)が埼玉県にて産業廃棄物処理業許可(がれき類、鉱さい)を取得、同社から弊社の製造ノウハウを認められ、リサイクル製品の生産業務及びその管理を委託受注し、弊社のリサイクルプラントの設置及び実際の業務及び運営を行う。
 平成元年 市川リサイクル工場の業務を朝霞工場に統合。
 平成2年 三井道路(株)(現:三井住建道路(株))朝霞合材工場ならびに朝霞アスコン(現:鹿島道路(株)朝霞合材製造所)より再生骨材の指定納入業者として認定を受ける。
 平成14年 増尾石材工業(株)が事業の再編を行い、本業である天然骨材の製造販売部門のみに注力するため、リサイクル部門(産業廃棄物中間処理・収集運搬業)を独立させ、弊社がその部門を引き継ぐことに決定。許認可の譲渡手続きを行う。
 平成16年3月 東京都・埼玉県・さいたま市・川越市・川崎市の産業廃棄物収集運搬業許可取得。
 平成16年7月 産業廃棄物中間処理業許可取得(がれき類・鉱さい・ガラス陶磁器くず)、現在に至る。
 平成19年8月 千葉県の産業廃棄物収集運搬業許可取得


このページのトップへ

Copyright c 2007 MASUO GROUP All Rights Reserved.